新しい感覚は何の前触れもなく

前回の続きです。

では、この「小さな変化」の例を少し上げてみたいと思います。

ショーディフェンス

レイアップなんかのときに左手でガードしながら右手でシュートをうつプレー。私はあれがなかなかうまくできなかった(どうしても不安定になってしまっていた)んですが、最近なんとなく感覚がつかめました。

あれはステップのときに重心が浮いてしまっていないことが大切で、重心が下に残っていれば跳ぶときにブロックをさけるために手を上げられるようになります。上げようとしてあげるというよりは、自然とあげたくなる感じがしました。重心が浮き上がってしまっている状態では、土台がしっかりしていない分腕を上げにくいということなのではないかと考えています。

もう一つ、チェストパスの動作。最近飛距離が出ない、弱いという長年の悩みが最近解決されつつあります。これは筋トレして筋肉をつけたわけじゃなくて、動作の工夫、身体操作のトレーニングによって起こった変化です。

「手首のスナップをきかせる」とか言われていますが、この表現は誤解をうけやすく、鵜呑みにしてしまうと危険です。特にチェストパスがうまくできない人は「スナップをきかせる」というのがどういうことかわかっていません(自分の中に「スナップをきかせる」という感覚がないので)。そういう人は「手首のスナップをきかせろ」というと手首に力を入れます。手首に力を入れれば入れるほど、手首のスナップがきかなくなります。すると強いパスがますます出せなくなる。チェストパスの場合は重要なのは手首ではなくて肩と胸です。では具体的にどうすればいいのか。それはまぁ会ったときに聞いてください(笑)

左手でガードしながらの右手レイアップはいつもの練習ゲームの中でいきなりできるようになったし、チェストパスはランニングシュートのパス出しのときにいきなり新しい感覚がうまれました。こういう変化が起こる。動作について新しい感覚や気づきを得られる。ということはなんの前触れもなく突然起こります。たまたまその動作をしたときに「いきなり」できるようになります。

つづく。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ