あきれるほどコーンバーターベーコン 2009年新年会

元旦バスケは実現しなかったものの、2日にバスケ談義をしてきました。バスケについて語り合おう!の号令で3人集合。帰省していた友人を加えて4人で村さ来へ。

スポンサーリンク

コーンバターベーコンばかり大量に頼んでいたやつがいる。あきれるほどコーンバターベーコンを頼んで、みんなに白い目で見られていた。「パ、パフェ頼んでいいっすか」とか言ってさらに周りをあきれさせていたが、やつも「もっとうまくなりたい」という想いが強いなと感じる。この歳になるとなんとなく上達することを諦める感じの空気が漂うこともあるけど、やつは声に出して「うまくなろーぜ」と言うのだ。それがとても気持ちよい。

「初めて組んでやる人とかでも、うまい人だとすげー合うんだよね。でも、ずーっと一緒に練習してるのに、ずーっと合わないままの人もいる。長く一緒に練習してるから合うかって言ったらそうじゃないんだよね。」

そうだよね。初めて組んだ人が同じレベルなら、プレーはすごく合うし、やりやすい。でも、そうじゃないとパスがほしいときにもらえなかったり、全然見えていなかったり、細かいズレがたくさん生じてくる。それがストレスになってくる。

スポンサーリンク

普段の練習では上の人が自分に合わせてくれている。それに気づいていないか、それをもう当たり前のように思ってしまっている部分があるので、もう一度考えなければいけない。大事なのは、上のレベルでプレーしようとする意思だと思う。ほとんどの場合それができないから長い時間一緒に練習しても「ずーっと合わないまま」になるし、レギュラーはずっとレギュラーだし、補欠はずっと補欠のままになる。自分の今のレベルにとどまる。自分が上の人と同じレベルでプレー「しなければいけない」と考えを持ちたい。

同じ土俵で対等にプレーするためにはうまい人よりも早く上達しなければいけない。うまい人だって上達していくんだから、それ以上のスピードでうまくなる必要がある。ここで無理と思ったら、それまでだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ