環境の違い

アメリカの大学へ旅立ったコービーからメールがきました。
写真つきで。

秋の市民戦のときに撮った写真を送ってください。
プレゼンに使いたいので。
かわりに今の大学のジムの写真を送っておきますので。バスケコートは全部で6面です。

スポンサーリンク

アメリカの大学のジムにあるバスケットボールコート1
アメリカの大学のジムにあるバスケットボールコート2

「かわりに~」ってところが意味わかりませんが、この写真は嫌がらせとしか思えません。
何、この施設。いやむしろ、何あのいつもの狭いコート・・・。本場アメリカの施設は桁違いですね。日本では面積の関係で絶対に作れないと思う。

先日の練習で撮影した動画、メンバー専用ページでダウンロードできるようにしています。(URLは後悔しないでくださいね)。動画を見た感想なども聞かせてもらえたら嬉しいです。もちろん自分のことでもいいし、他の人の気になったことでもいいし。練習に参加できなかった人も、ぜひ時間を見つけて確認して、気づいたことなどを教えてください。動画を見ながら、お互い気づいたことなどを指摘し合えたらいいと思います。

スポンサーリンク

私が気になったのは、みんなの姿勢の高さですね。いいなと感じたのはやっさんくらいで、他の人は基本姿勢が高かったです。姿勢を低くすればいいというものではないけれど、あれだと見るからに「動けない」という感じの姿勢。見て「動けないだろうな」って感じるので、実際に動いてみても動けないですよ、きっと。

姿勢って大事なんですよね。気持ちをもっと出してプレーしろって言われたりもするけど、それは「動ける」ことが前提での話。思いどおりに動けるようになって初めて、「気持ち」が動きで表現できるようになってくる。そのためには姿勢から。頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

2 Responses to “環境の違い”

  1. ノーブリー より:

    あ、動画の感想ですよ。
    まず、確かにシュートを決めてはいますが形が不恰好すぎますね。
    全然イメージと違います。
    えいやっと投げてる感じですね。足も変だな。
    あと、2分半くらいのところでゴール下にペネトレイトしてるところとかもう少ししっかりとバックシュートできてればナァ・・・
    全然動いてないですね。というか、実際この時点でバテバテだったんでこんなものなのかもしれませんが、ちとひどいですね。
    けつも高い。これじゃ抜かれます。
    あと、ときどき自分で何やってるのか?やりたいのか?分からないですね・・・
    いいところといえば、まぁ、最近気をつけてるフェイクをそれなりに使ってるくらいか?
    あと、意外と僕だけではなく皆さんも動いてないですね。
    やっさんは縦横無尽に動いてる感じしますけど。。
    でも、同じ動いてないにしても僕とは質の違う人も居ますね。
    なんか、いろいろ参考になりました。

  2. admin より:

    >ノーブリーさん
    あのドライブは良かったですよ。たしかにシュートは微妙でしたけど、ディフェンスは抜けてますから。大きな進歩だと思います。バックシュートじゃなくて、普通にレイアップでも良かったかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ