新しいユニフォームを作ったけど失敗した話

ユニフォームを持っていない人(新しく入ってきた人)が増えてきたので、新しく作ることになりました。どこで作るかいろいろ考えたのですが、おさいふ事情が厳しい学生たちが多いということもあって、GANBAXというところで作成することに。ここのリバーシブルはなんと上下で5000円です。かなり安い。

スポンサーリンク

今回は紫色がメイン

2007年度のユニフォームです。個人的には青を押していたのですが、多数決の結果紫をベースに作ることになりました。紫だけはないな・・と思っていたのに(笑)ベースのデザインは変更ができなくて、単色の方はサイドに濃色のラインが入る感じになっています。濃色のほうはライン無しで一色のみです。濃色もラインが入ればいいのにね。

u1

u2

u3

u4

このユニフォームのいいところは、なんと言っても価格の安さです。デザインの自由度は殆ど無い(書体と色くらい)ですが、シンプルでいいからとにかく価格を抑えたいという場合はいいと思います。友達同士でチームを作ってローカルな大会に出るから、とりあえず安いリバがほしいとか、そういうときに使えそうです。部活の練習着なんかにもいいかもしれませんね。紅白戦をするときにあると便利だと思います。

スポンサーリンク

着た感じも悪くないです。リバーシブルだけどそんなに重たくは無いし、ドライフィット的な素材なので、汗をかいたときもあまりペタペタしません(文字のところはペタペタします)。メーカーのロゴマークも小さめの刺繍で、ほとんど目立ちません。市民戦でもこのタイプのリバーシブルを着ているチームが増えてきてるなと感じます。

このユニフォームでの唯一の失敗

実物が届いて着てみても十分満足できるデキでしたが(なんせ安いからね)、一つだけ失敗したなと思った点がありました。それは、文字の色です。たしか字体だけではなく、文字の色も何色かから選べたのですが、今回は黒字で作ってしまいました。これ、紫色が下地だとかなり見づらいんです。

上の写真は明るく補正されているのでよく見えますけど、暗い体育館ではホント見づらいです。ファウルをしたときなんかに、審判にいつも「何番・・?」と確認の手間を取らせてしまい、迷惑をかけてしまっています。これはイカンってことで、結局背中の番号には、試合のたびにオレンジのビニールテープを貼ってよく見えるようにしています。すごく面倒くさいです。

数字の色は見やすいように。気をつけたほうがいいポイントです。

スポンサーリンク

2 Responses to “新しいユニフォームを作ったけど失敗した話”

  1. ソン より:

    動画本気ウケた!
    峠はチームの星だな☆
    センス◎ですw

  2. admin より:

    >ソンさん
    なかなかかっこいいでしょ(笑)
    しかし卓球の写真は失敗だった。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ