1対1は止まっていない状態からのほうが簡単

先日の記事の中の「止まった状態からの1対1」についてコメントがあった。できないよりはできたほうがいいに決まっているけど、止まった状態からフェイクでディフェンスをズラして1対1をするっていうのは非常にエネルギーを使うし技術も必要になってくるんだよね。実は結構難しい。

しかもボールの動きがなくなるから、できればしないほうがいい。ただ、それができる人がいれば、どうしようもなくなったときにそこで勝負できるという話。

動きの中で1対1をやったほうが簡単。動きの中で1対1をするっていうのは、ボールを受けて「場」を止めて1対1をするんじゃなくて、動いてボールを受けて、ミート→ドライブ(またはシュート)という形で攻めるということ。こっちのほうが断然楽だし、簡単。

そういうプレーをするためには「スクリーン」が必要になってくる。スクリーンでディフェンスをひっかけて、「ディフェンスが遅れて出てくる」という状況が作れると、簡単にドライブできる。ミートでリングのほうを向いたときにディフェンスが遅れてきてるのがわかると、抜く前に抜けるのが決定する。味方がスクリーンでその流れに入り込むことで、外から1対1を見ているということがなくなる。リバウンドに入りやすくなる。「1対1」が「チームプレー」になる。

そういうことが狙ってできるようになると、もっと良くなるかなぁと思う。今は止まったところから無駄なドリブルついて1対1してばっかだからね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ