個人の得点力向上のために

どうも、リーダーです。先日イセの悩み相談会を開催したときに少し話した内容です。

他力本願では得点力が身につかないという話をしました。私は中学生くらいのときからシュートだけは比較的得意でした。体がヒョロくて力も無いので、ドライブしたり中に入っていったりするとたいていつぶされていましたが、外で待っていてパスを受けてシュートという形なら得点できました。でも、それしかできませんでした。

パスを受けてシュート。これはパスを出してくれる人がいて初めて成り立つプレーです。パスを出してくれる人がいなければシュートをうつことはできません。昔のホーネットでは、誰も良いタイミングでパスを出してはくれませんでした。得点が取れなくなりました。

ここで私は気づきました。「パスを受けてシュート」というのは結果が自分以外の味方に大きく左右されてしまう。味方がいいパスをたくさん出してくれれば得点は伸びるけど、そうじゃない場合は得点できない。そういう「他人に影響を受けるようなプレー」ばかりしていてはダメだ。だから試合での得点が伸びないんだ。そう考えるようになりました。

最初から最後まで全部自分の力でやって、得点できるようになればいい。そのためにはどうすればいいか?どういう練習をすればいいか?今みたいにその場でとどまってシュート練習しているだけじゃダメだ!そういうことを考えるようになってから、少しずつ試合で取れる点数が増えていきました。

この考え方は今でも変わっていません。もっと自分の力で点が取れるようになりたいし、点を取る能力が高まったらディフェンスが注目するからアシストももっと増やせる。個人の技術が高まればチームも強くなる。まだまだ練習し続けますよ。

ワラさんの足の角度がすごい

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ