軸足は左足

前々回の記事の続き。

姿勢が悪いんです。この姿勢というのには2つの意味があって、一つは文字通り「体勢」という意味での姿勢。コレが悪い。

1対1をしたとき「向かってくる気持ち」があまり感じられない体勢でした。それはつまり動ける体勢になっていないということです。

体勢っていうと「正しい姿勢は~」と考えてしまいがちですが、パワーポジションがどうとか、トリプルスレットがどうとか、そういうことじゃなくて、単純に「自分が前に向かって動きやすい姿勢かどうか」「ドライブしやすいかどうか」っていうところを考えればいいと思います。その体勢から鋭く一歩目を前に出してディフェンスの横をドライブしていけるかどうか。ということを考えて体勢を整えれば、自然と必要な姿勢が作れるんじゃないでしょうか。

右足が軸足

それと、軸足に問題があります。軸足は左足にしないとダメです。これは結構重要です。

股関節には左右差があって、左股関節にのってたほうが前へ動き出しやすいらしいです。左股関節は開いて使う(前向きの力 軸足にする)、右股関節は閉じて使う(後ろ向きの力 ストップのときやステップバックに使う)という感じだとか。

私の場合右から左にレッグスルーして左股関節にのってそのまま左にドライブする動作は、その逆方向の動作に比べて簡単で鋭いです。右だとつっかえる感じがする。べんぞうさんに「お前右にドライブするときにディフェンスを引きずってるのはわざとなのか?」と言われたことがあるけど、右だと動きが鋭くならないからディフェンスを置き去りにできないんですよね。まぁただの練習不足かもしれないですが。

でも実際に右利きの人のほとんどが基本は左足を軸足にしています。それはそのほうが都合が良いからだと思います。しかしノーブリーさんはディフェンスが近くにいる状況だと右足が軸足になっていることが多い。前に向かってくる感じがしないのは、たぶん軸足のせいです。右股関節が閉じてるから。あ、今気づいたけど、右足を前に出してることが多いのに、その右足が軸になってて自由に動かないから、向かってくる感じがしないのかもしれません。

うちのチームではみっちが同じように右利きで右足を軸足にしていますが、彼女は突き出しでの勝負が苦手です。右足を軸足にしているときは、必ずと言っていいほどドリブルをついてからクロスオーバーで勝負しています。右足にのって左足を前に出すというのはスピードが出しにくいからドリブルをついてから勝負ということになっているのでは。過去の練習で一度彼女が突き出しで勝負した場面があったんですが、そのときは左足が軸足でした。あれは力強いドライブだった。

ということで、力強く一歩目を出すために、軸足は左であったほうがいいんです。

次の記事に続きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ