にらめっこする1対1

目の前のディフェンスとにらめっこをする1対1は良くない。にらめっこをしている時間が長ければ長いほど良くない。にらめっこをしなければいけなくなるようなら、それはもう1対1のタイミングではない。他の人にボールを回したほういい。まぁチームの作戦としてそういうプレーもあるかもしれないけど、それが許される選手は限られてくるね。

止まっている状態から1対1をするのなら、にらめっこの時間をできるだけ少なくしなければいけない。止まっている時間を短くしないとオフェンスのリズムが途切れてしまう(その間は周りとの連携が一切なくなる)。一瞬のフェイクでディフェンスをずらして勝負を決めないとダメ。試合の中で1対1をしたいなら、それができるように練習しておく必要がある。

にらめっこしている1対1

ドリブルでしかける場合も同じ。何回もドリブルつくようなプレーはオフェンスのリズムが途切れるので良くない。そんなにたくさんドリブルをつかなければいけないのであれば、それはもうドリブルをつくような場面ではない。他の選手にパスを出した方がいい。

同じ場所でボールが止まっていても何も起こらない。そこから何か創りだすことができる人はエースになれるけど、エースのワンマンプレーは周りの人がつまらなくなるので、普段はボールを止めずに周りと連携しながらプレーすることを意識したほうがいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ