ビンスは体が重かった

しばらく練習に来ていなかったビンス。めずらしく練習前に1対1を申し込んできた。そこでやってみて、結構うまくなっていると感じた。まず動きが結構速い(あの速さであの動きだと、やっぱり膝にダメージを与えると思った。エーハラと一緒だ!)。そして体重差17キロはかなり大きかった。接触で勝てる気がしない。動きの速さはあんまり変わらないから体重差を覆せない。ドライブしたときに体が当たるとそれ以上先に進めない。やはり重さは武器になるな。

なるほどそりゃーうまくなるわと思ったのが、練習前の空き時間でターンシュートの練習をしていたのを見たとき。パワードリブルで押しこんで、ターンしてシュートっていう練習。ディフェンスがいることをイメージしながら練習しているのが、見ていてはっきりとわかった。ディフェンスがいる前提の動き方。そこにディフェンスがいるみたいだった。そういう練習ができないと駄目なんだよね。想像力に乏しい人はなかなか上達しない。

あー、あとレッグスルーからのドライブとかいろいろ練習してたのも見たな。だから1対1で試したくなったのか。今気づいた。ドリブルもかなり上達している。レッグスルーとか結構普通にやっている。

ビンスのジャンプ

上達してきているなと感じることが多いね、最近は。良いことだ。やっぱある人のおかげだろこれは。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ